費用をグッと抑えられるのがプライベートブランドの魅力

ガッツポーズ

PB商品の利益

買い物

安さのカラクリ

コンビニやスーパーに行くと有名食品メーカーの加工食品と並んでプライベートブランド商品が置かれているのを見かけることがあります。カップラーメンや冷凍食品など並んでいるので比較されやすいのですが、消費者が一番注目しているのがメーカー商品に比べてプライベートブランド商品は安い価格で提供されていることだと思います。プライベートブランド商品がなぜメーカー商品よりも安くなるのか、それはプライベートブランドという意味を理解すれば分かります。プライベートブランドとは販売している小売店や卸売り店が企画し、独自のブランドとして販売する商品です。独自ブランドとは言え、大手メーカーの製品にとてもよく似ていますよね。メーカー商品は在庫を抱えるというリスクを伴うのに対して店舗を構えるお店が開発するプライベートブランドは在庫を抱えることのない仕組みがあるので価格を安く設定できるのです。たとえば、食べ物を食べ比べてみても分かるように味や品質にしてもそれ程差はありません。これは製造工程で大手メーカーの製造工場に依頼してつくっているからなのです。要するに同じ工場でメーカー商品とプライベートブランド商品をつくっているので品質も良く安心して消費することができるのです。大手メーカーからすれば本来、プライベートブランドなど商売敵になるはずなのですが、製造工程による利用代金をメーカーに依頼し支払っているのでメーカー側としても利益になりますから双方ウィンウィンの関係を構築しているのです。安さだけではなく品質も優れているプライベートブランドは消費者ニーズに適した商品であると言えます。

スーパー

お店が製造・販売する製品

日常生活に役立つ製品の多くは、お店が独自で展開するプライベートブランドを利用すれば安く購入できます。ただし、お店によって取り扱っているプライベートブランドは違うため、公式サイトなどを活用して、お目当てのアイテムを探しましょう。

ウーマン

低価格で高品質

プライベートブランドは、小売業者が直接企画や開発に関わっている商品のブランドのことです。流通経路を簡素化したことなどで、低価格でありながら品質のいい商品の提供が可能になりました。購入者の意見を取り入れることにも積極的です。

家族

お店独自の格安ブランド

有名店で展開しているプライベートブランドは、多種多様の種類がありますので、自身の必要なものを選んでみましょう。また、ドラッグストアのプライベートブランドも、とてもコストパフォーマンスが高いので、大手製薬メーカーの製品が高いと感じるなら、利用をおすすめします。